ホーム > Blog記事一覧 > 日記の記事一覧

当院のスポーツ障害の治療

2020.09.04 | Category: 日記

こんにちは。学生時代は剣道に打ち込んでいた院長の小栗です。

浜松市も学校が本格的に始まり、部活動も再開されました。

しばらく本格的に動いていない学生さんも多く、急な再開でのケガには十分注意してほしいです。

 

 

当院のスポーツ障害の治療方針は『正確な診断による早期復帰』です。

 

まず、患部の状態を徹底的に把握します。

当院はエコー観察装置を設置しており、肋骨などのレントゲンでは確認が難しい骨折等の確認も可能です。

 

治療においては、超音波治療器、ショックマスター、ES5000などの最新機器を使用し、早期の回復に努めます。

また、治療中も練習をできるだけ休むことなく行えるえるような処置に努めます。

 

早期治癒をお望みの方、治療中の運動をご希望の方はぜひ一度ご相談ください。

今後の営業について

2020.07.27 | Category: 日記

こんにちは。院長の小栗です。

先週より浜松市で新型コロナウイルス感染者数が急増しております。

 

当院は今のところ感染症対策を万全にし、通常診療を予定しております。

ただし、スタッフや患者様が濃厚接触者と判明した時点で陽性、陰性にかかわらず休診とさせていただきます。

ご迷惑をおかけすることになるかもしれませんがご容赦ください。

 

休診となった場合、予約患者様には直接ご連絡差し上げますのでよろしくお願いいたします。

スポーツ障害と柔軟性の関係

2020.07.07 | Category: 医療,日記

こんにちは。院長の小栗です。

最近、小中学生を含めたスポーツ障害や成長痛が増加しているように感じます。

 

原因としては

①過度な練習量

②用具やシューズ等の不合

③準備不足や身体の柔軟性の低下

④ケア不足

などが考えられます。

 

 

その中でも私が注目しているのは身体の柔軟性の低下です。

特に成長期の小中学生は身体が急激に大きくなる時期があります。

その時期にストレッチが不足すると固い身体が出来上がってしまいます。

 

ストレッチが不足する要因としては、練習時間の制限によりストレッチを含めたケアをおろそかにしてしまうことが一番大きいと考えます。

どうしても指導者は練習時間の確保のために大事なケアを自宅等での本人任せにしてしまいます。

意識の高い子や親は自宅でケアをしますが、多くの子はストレッチを含めたケアをしません。

それでは使って縮こまった筋肉は元に戻されず、結果として固い筋肉になっていってしまいます。

普段からストレッチをしっかりと行い、練習後にはケアをプラスすることである程度防ぐことが可能であると考えます。

 

当院ではその場でのケアだけでなく、その個人に合ったストレッチを指導させていただきます。

障害が出る前でもお気軽にご相談ください。

コロナ終息後の治療院の姿

2020.05.29 | Category: 日記

こんにちは。ジム通いも再開した院長の小栗です。

 

すっかり自粛生活にも慣れてきた方も多いと思いますが、マスクは暑い日は大変ですね。

 

北九州市や東京では第二波ともいわれる感染がみられています。やはり終息は簡単ではないですね。

 

治療院はあまり取り上げられませんが、施術中は密になります。もちろんずっとマスクをし、施術後のベッドや機器は消毒をしています。

 

 

整骨院でクラスターがあまり発生していない(長野で1件あり)のは国家試験で公衆衛生を学んだプロだからと意識の高さだと思います。

 

ケアトレ鍼灸整骨院の現在の来院患者数は以前の7割ほどで、院内が密になることはありません。

 

患者様も身元のはっきりした地元の方ばかりです。

 

感新型コロナウイルス感染後の治療院の姿を模索し、感染予防を徹底し皆様のご来院お待ちしております。

立体布マスク販売します。

2020.03.28 | Category: 日記

こんにちは。マスク姿の方が良いと言われる院長の小栗です。(どういうこと?)

日本でも東京中心に新型コロナウイルス感染で大変な昨今、マスク不足も深刻な状態です。

そこで、当院スタッフ伊藤の実家の縫製工場でもマスクを販売することになりました。

当院でも販売させていただきますので必要な方はお申し出ください。

 

 

大人用 300円  子供用 250円

 

ケアトレ鍼灸整骨のウイルス対策

2020.03.24 | Category: 日記

こんにちは。院長の小栗です。

現在、巷では新型コロナウイルスの影響でイベントや、外出の自粛が続いています。

昨日、浜松まつりの中止も発表されました。

幸い浜松市では感染患者は出ていませんが、影響は各方面で出ています。

当院でも来院患者様が減ったように感じます。

 

当院でも対策として

・出入口にアルコール消毒

・毎回の使用後のベッドのアルコール消毒

・加湿空気清浄機の設置

・定期的な換気

 

 

と対策を万全にして皆様のご来院をお待ちしております。

アルコール消毒液も若干ですがご用意しております。

必要な方はスタッフにお声掛けください。

坐骨神経痛へのショックマスターの効果

2019.09.25 | Category: メニュー,医療,日記

こんにちは、神経痛の経験のない院長の小栗です。

 

今回は坐骨神経痛にショックマスターで治療した患者様のその後について報告します。

 

 

症例:70代女性、坐骨神経痛の既往10年以上、その他腰や、膝等にも多数痛みがありますが、テニスやゴルフ、ボーリングなどを行うアクティブな女性です。

そのため、運動後には症状が悪化することも少なくなく、当院にも継続的に通院いただいてケアを続けています。

今回は長引く坐骨神経痛に対し、ショックマスターを試してみたいということで両臀部に当てました。

 

腰臀部は手足と違い施術中の痛みも少なく気持ちいいくらいです。

 

本日1週間後の経過は良好で痛みもないということでした。

 

通常は4回から5回の治療で症状が改善することが多いですが、今回は一回で改善し、経過も良好です。

 

今回のように疾患や症状だけでなく人によって効果が違うこともあるので、今後は様々な症状に使用して効果を診ていきたいです

大谷翔平選手の膝手術(二分膝蓋骨)について

2019.09.20 | Category: 医療,日記

こんにちは。野球大好き院長の小栗です。

 

本日、エンゼルス大谷翔平選手の衝撃情報が入ってきました。

 

 

膝の手術のため今シーズンは出場しないというものでした。

 

「まさか、大ケガ?」と思いましたが、どうやら二分膝蓋骨(分裂膝蓋骨)だそうです。

 

二分膝蓋骨は分裂膝蓋骨とも言い、膝の皿が元々二つに分裂していて、そこが炎症を起こし痛みが発症する疾患です。有痛性分裂膝蓋骨と言われる疾患名となります。

 

 

多くは思春期に手術となります。

 

今回の大谷選手は今後のリスクを考えての予防的処置と考えられます。

 

タイミングについてもチームは優勝を争うような状況ではありませんので、来シーズンに向けて早めの処置、リハビリをすることを優先したものでしょう。

 

すでに手術は終了し、成功したとの報道ですので一ファンとしては来シーズンの二刀流での活躍を期待するばかりです。

 

 

ショックマスターチラシ入れました

2019.09.04 | Category: メニュー,日記

こんにちは。院長の小栗です。

先日、院周辺地区の皆様へ『ショックマスターお試しキャンペーン』のチラシを新聞折込させていただきました。

すごく効果の高い治療器なので、この機会に今まであきらめていた方にお試しいただきたいと思います。

 

右手小指橈側側副靱帯断裂について

2019.07.20 | Category: 医療,日記

こんにちは。最近ソフトボールを30年ぶりくらいに再会した院長の小栗です。

 

本日は、先日中日の高橋周平選手も負傷した小指橈側側副靱帯断裂について解説します。

 

 

この時右手の小指を負傷したんですね。

 

発表されている病名からだけだと小指のどの関節かわかりませんが、多分第二関節(PIP関節)だと思います。

 

 

こんな感じです。

 

今回は手術をしないという判断をしたそうなので

 

 

こんな感じで固定すると思います。

 

3週間で復帰を目指しているそうですが、髙橋選手は右投げ左打ちなので、特にバッティングでは右手の小指が非常に重要になってきますので本当に3週間で復帰できるのか?

 

現在調子のいい中日ドラゴンズですので早期回復を期待しますが、無理をせず頑張ってもらいたいです。

 

ケアトレ鍼灸整骨院では私院長が手指の骨折の論文発表をした経緯もあり、指の治療は得意分野です。

 

ケガをした時はもちろん、他院の治療に不安を感じている方もお気軽にご相談ください。