ホーム > Blog記事一覧 > 医療の記事一覧

足関節の捻挫の対応

2019.02.08 | Category: メニュー,医療

こんにちは。今まで足首の大きな捻挫をしたことのない小栗です。

 

最近、立て続けに足関節の捻挫の患者様が来院されました。

 

 

超音波観察装置で骨折がないか確認後、固定方法について相談します。

 

それぞれのメリットデメリットをお伝えしたうえで最適な固定方法を選択していきます。

 

 

テーピング、ギプス、サポーターなど患者様の生活スタイルも考慮して決めていきます。

 

捻挫は特に初回の初期治療が大切になります。

 

当院では最適な治療方法、治療期間等をアドバイスさせていただきます。

 

整形外科通院後で治療内容に不安がある方も大歓迎です。

 

相談だけでも喜んで対応させていただきます。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

鍼治療のススメ

2019.01.29 | Category: メニュー,医療,美容

こんにちは。明治鍼灸大学(国内初の4年生鍼灸大学)卒業の小栗です。

 

当院ではケガから肩こり、腰痛だけでなく冷え性や花粉症、耳鳴り、など様々な疾患に対し鍼治療を行っております。

 

また、疾患だけでなく美容に対しても高い効果を発揮します。

 

 

マッサージや整体で効果があまり感じられなかった方は一度お試しください。

 

料金は1,000円からとなっております。

ストレッチのダイエット効果

2019.01.15 | Category: 医療

◆ストレッチのダイエット効果
ストレッチと聞くと、体を伸ばしてコリをほぐしたり、リラックスするものだと思われがちですが、実はダイエットにも効果があります。
血行を促進させることで新陳代謝が高まり、脂肪燃焼しやすくなります。また、伸ばすだけの動きではなく、ねじりながら凝った部分をほぐすことで、ボディラインを引き締める効果も期待できます。

可動域を広げ、脂肪燃焼率をアップ
硬くなりやすい関節や、筋肉の動きをストレッチでほぐすことで、可動域を広げます。動作が大きくなれば、基礎代謝もアップし、脂肪燃焼しやすい身体になります。

むくみ解消・冷え解消効果
深い呼吸により酸素を体中に行き渡らせることで血流が促され、むくみや冷えが解消されます。むくむと冷えが生じやすく、冷えが生じると脂肪がつきやすくなる。そんな負のスパイラルをストレッチで断ち切りましょう。

成長ホルモンを促進
アンチエイジングに欠かせない成長ホルモンは、夜10時頃から夜中の2時頃、睡眠中に一番多く分泌されます。就寝前にストレッチでコリをほぐすことで、リラックスモードの副交感神経が優位になり、快眠しやすくなります。深い眠りとともに成長ホルモンの分泌を促せば、美しい身体づくりにも役立ちまます。

過食の防止
ダイエットの天敵はストレスと言っても過言ではありません。イライラがたまると、暴飲暴食へ突き進みがちです。でも、ストレッチで副交感神経を優位にすれば、「飲んでストレス解消! もう食べちゃう!」といった攻撃的な気持ちが落ち着いてきます。

◆ダイエットにストレッチを取り入れる利点やメリット
ストレッチを実践することで怪我の防止になり、可動域が広がれば動作が大きくなります。その結果、使われる筋肉範囲も広がり、体温が上がり、代謝も上がるなど、痩せやすい体質に変化します。

◆ストレッチでダイエットする際の注意点やデメリット
デメリットというほどではありませんが、効果が出るまで時間がかかる、ということではないでしょうか。実際に脂肪を燃焼してサイズダウンを狙いたい、という場合、しっかり筋肉をつけて、熱を産出しやすい体にする筋トレを実践した方が効果が出やすいのは事実です。
だからといってストレッチには即効性がない、というわけではありません。たとえば、むくみが原因で脚やウエストが太く見えているタイプの人は、ストレッチで脚はほっそり、ウエストのくびれも復活することもあります。血流を促し、老廃物を流し、むくみや冷え、コリの解消という目的であればすぐに実感できるはずです。それにより、血液循環の良い体づくりができます。

◆寝る前、お風呂、朝……いつやったらいいの?
運動の前にウォームアップをして「筋温」を上げると効率よく動けるようになり、逆に体が冷え固まっていると痛みを感じやすいことは、実体験からご存知かと思います。
筋肉を痛めないためには、体が温まって伸びやすい「お風呂のあと」やほどよく動いている「日中」がオススメです。逆に、朝は体が温まっていないので、普段よりも体が伸びにくい状態です。だからこそ、「朝」のストレッチはダイエットに利用できるという考え方もあります。つまり、目的によって使い分けることが重要です。
■冷え性の人やリラックスした状態でベッドに入りたいと思う人は、お風呂の後にリラックスできるストレッチを実践しましょう。
■代謝をアップさせたい人は、朝・寝起きに実践すると、寝ていた筋肉が目覚め、動きやすい身体になります。体を傷めないように注意しましょう。また、お昼まで代謝が上がっているので太りにくい体に近づきます。

◆ストレッチのコツや効果的なやり方3カ条
リラックスした状態で行う
ストレッチを行う際には、伸ばしたい骨格筋がリラックスしている状態で、「どの筋肉を伸ばしているのか意識する」のが最大のポイントです。
息を止めず、ゆっくり呼吸をしながら行う
基本的にストレッチする際には、息を吐きながら、ターゲットとする筋肉を伸ばし、その状態を10~30秒キープします。
反動を使わない、または最小限に
強い反動をつけると限界以上に伸びてしまい、筋や腱を傷めてしまうことになりかねません。しかし、身体の固い人にとって長時間のストレッチ状態のキープは苦痛でしかありません。よって、身体の固い人は軽い反動(痛みを感じない程度)をつけて行うと続けやすいです。

◆ここだけはやって! ダイエットに効果的なストレッチパーツ
ダイエット目的でストレッチをする場合はどんな筋肉をターゲットにするのがよいでしょうか。
まず、代謝をよくするには、大きな筋肉を動かす事がポイントです。下半身の大きな筋肉群、大臀筋や大腿四頭筋(太もも前)、ハムストリングス(太もも裏)をストレッチすると基礎代謝が上がりやすくなります。さらに、「ここはやっておきたい!」というオススメのパーツもあります。
ふくらはぎ
ふくらはぎを効果的に伸ばし、ふくらはぎが担っている“ミルキングアクション”機能がきちんと働くようにします。下半身は重力の関係や運動不足などで、むくみや冷えが生じやすい部位です。これらを解消するには、ふくらはぎが重要な任務を受け持っています。
ふくらはぎは「第二の心臓」と言われ、重力に逆らって血液を心臓に送り返す働きをしますが、運動不足や冷え等による血行不良になると、きちんと働きを遂行することが出来ず、老廃物が溜りメリハリのないぽってりした脚になってしまいます。
●肩甲骨周辺の僧帽筋
背中は体の中でも筋肉の量も種類も多く、肩甲骨周りを動かす事は代謝UPには効果的です。肩甲骨の周りには、僧帽筋周辺の赤筋という褐色脂肪細胞があるので、脂肪をガンガン燃やし、燃焼系ボディへと導いてくれます。この褐色脂肪細胞は、寒い環境下に身を置いていると、活性化し、熱を発生させます。人間の防衛本能として、体温を上げるために、脂肪細胞を燃やすのです。だから寒い時は、筋肉がぶるぶる震えることによって、熱エネルギーを発生させます。体の機能を上手に使い、体を動かし、痩せやすい体になりましょう!

当院の足関節捻挫に対するギプス固定

2018.12.19 | Category: メニュー,医療

こんにちは。寒さにも負けず自転車通勤を続けている院長の小栗です。

 

本日は当院で行っている固定の中で足のギプス固定の一つを紹介します。

 

先日、足関節の捻挫で来院された中学生に処置しました。

 

中学生ということもあり骨折も疑い、エコーで患部を観察し、骨折がないことを確認し、固定しました。

 

 

このようにかなり薄く、靴も履くことが可能です。固定力、耐久性にも全く問題ありません。

 

この他にも当院では手や指などの固定でも箸や書字が可能など、日常生活に支障がないような機能的な固定を様々用意しております。

 

他院での処置で満足いただけなかった場合は一度ご相談下さい。

ショックマスター使用の足底治療

2018.12.11 | Category: メニュー,医療

こんにちは。寒さに負けず自転車通勤を再開した院長の小栗です。

みなさんは急に寒くなって体調管理はいかがですか?

寒暖差疲労という症状もあるみたいです。

いずれにしろ、この時期特に自律神経の調整が必要になります。

自律神経の調整には適度な運動と質の良い睡眠が特に重要です。

また、マッサージも調整効果が高いです。

しっかりケアをしてこれからの寒い冬を乗り切りましょう。

 

さて、本日は当院の目玉治療器『ショックマスター』を使用した足底の治療を紹介します。

 

まず、しっかりとした問診で原因を突き止め、必要に応じエコーで患部の観察をします。

次に治療ですが、電気(干渉波)とマッサージで患部に関連する筋肉をほぐします。

続いて直接患部にショックマスターを当てます。

これは少し痛いですが、効果は抜群です。

当院でも一般の方はもちろん、プロのランナーの方にも練習を続けながら使用し、高い効果を得ております。

 

最後にテーピングまたは足底のクッションパッドを処方し、患部の保護をし終了します。

ショックマスターは週1回で4、5回の治療を要します。

 

足の裏の痛みや腱鞘炎など慢性の痛みでお困りの方はぜひ一度ご相談ください。

 

丸塚中学校サッカー部トレーナー活動

2018.12.04 | Category: トレーナー活動,医療

こんにちは。日に日に寒くなり、トレーナー活動もつらい時期になってきた寒がりの院長の小栗です。

 

先日、丸塚中学のサッカー部のトレーナー活動に行ってきました。

 

この日は前日痛めた部分の再受傷を含め、3件対応しました。

 

いずれも病院へ行かないといけない程の大ケガではなく現在も当院へ通院中です。

 

 

中学生などあまりテーピングをしたことがない子はどうしても気になるようでこちらも巻き方には細心の注意を払います。

 

帰宅後のケアも含め初めてのことも多いのでしっかりと対応しました。

 

今後もケアトレ鍼灸整骨院の得意分野であるスポーツ障害を含めたケガの対応をするためにもトレーナー活動は続けていきたいと思います。

ラグビー試合観戦と脳震盪

2018.12.03 | Category: トレーナー活動,医療,日記

こんにちは。

ケアトレ鍼灸整骨院の伊藤です。

 

先週土曜日は診療時間を2時間短縮させて頂き、

ヤマハスタジアムで行われた

ヤマハ発動機ジュビロ×NTTコミュニケーションズの

ラグビーの試合を観戦してきました。

 

筋肉フェチの私にはたまりませんでした(笑)

 

ラグビーの試合で多く見られる外傷は

打撲、捻挫、脳震盪などです。

激しいスポーツですのでその他のケガも絶えませんが

やはり危険性の高いのは脳震盪です。

重症の場合、生命に関わることもあります。

 

そもそも脳震盪とは

頭部に外力が加わった結果生じる、一過性の意識障害、記憶障害をいいます。

意識障害は必ずしも意識消失とはならず、意識の変調もあります。

意識はあるから大丈夫というわけではないんですね。

この障害は可逆的(もとに戻る)もので原則として脳の器質的な損傷は

伴いません。

 

ちなみに日本ラグビーフットボール協会の安全対策マニュアルに

示されている脳震盪の定義では

『グラウンド上で明らかに頭部打撲が認められ、受傷時に応答(意識の状態)、あるいは身体活動になんらかの異常が認められたものは、すべて競技規則にいう脳震盪に該当する』

と示されています。

 

実際、私が観戦した試合でも両チームとも脳震盪によって選手の交代をしたケースがありました。

ラグビーだけではなく、ボクシングやサッカーでも起こりますし、

スポーツの現場に限らず、突発的な事故で起こることもあります。

では、もしもご自分の周りの方が脳震盪をおこしたら、どうしたらいいのでしょう?

 

一般の方にできることは、安静にして休ませること、頭や頸部のアイシングなどです。

私たち医療従事者やトレーナーは意識レベル、呼吸、脈拍の確認、手足の麻痺がないかをチェックします。

加えて状態をみながら簡単なテストや平衡感覚のチェックをします。

とくに頭痛や顔面蒼白があったり、興奮状態のときは必ず監視下に置きます。

 

脳震盪になったことのある方は、前にもなったし、、と軽くみてしまうかもしれませんが

2回目のほうが軽い衝撃でも脳に大きな障害を残してしまう可能性があります。

セカンドインパクト症候群とよばれ、とくに注意が必要な状態です。

 

もしもあなたの周りでそのようなことが起こってしまったら

このブログのことを少しでも思い出していただいて

適切な対応をしてあげてくださいね

 

羽生結弦選手も負った足関節捻挫について

2018.11.20 | Category: 医療

こんにちは。今まで大きな捻挫をしたことのない小栗です。

 

今回は羽生結弦選手も負傷した足関節の捻挫について考察したいと思います。

 

まず、皆さんは捻挫と靭帯損傷はどちらが重症だと思いますか?

 

結論は同じです。どういうことかというと捻挫というのは病名というより状態を指します。

 

捻挫という大きなくくりの中にどの靭帯を痛めたかという詳しい名前が入ります。

 

捻挫で負傷する靭帯には大きく3つあります。

 

一番多いのは外側靭帯損傷です。次に二分靭帯損傷、三角靭帯損傷と続きます。どれも足関節捻挫です。

 

 

羽生選手は外側靭帯損傷に加え、腓骨筋腱炎やリスフラン関節捻挫を併発しているという話も出ていますが定かではありません。

 

今回は前回の捻挫で関節が緩くなってしまったゆえに発症してしまったものと考えられます。

 

捻挫は初回の初期治療が非常に重要です。羽生選手は初期治療をおろそかにしたとは思いませんがそれでも再発してしまいます。

 

当院では日常生活を妨げず、さらにしっかりとした初期治療を提案します。

 

捻挫に限らずケガをした場合はすぐに当院へご相談ください。

スタッフ伊藤の本気ダイエットの結果

2018.11.19 | Category: メニュー,医療,日記

こんにちは。

ケアトレ鍼灸整骨院の伊藤です。

 

食欲の秋に気を抜いて太ってしまった伊藤ですが

耳つぼダイエット、食事制限、軽い運動でダイエットした

その結果をご報告します!

 

↓ちなみにこちらがビフォー

10/20の撮影です。

約1か月の成果がこちら!

 

これは成功と言えるのではないでしょうか?

もともとが反り腰で、腰にできていたラインもなくなり、

くびれが!!!

 

キープできるように気をつけようと思います!

食欲の秋、

食べ過ぎて太ってしまった方!

当院の耳つぼダイエットはじめませんか?

 

整形外科と整骨院どっちに行くべき

2018.11.14 | Category: メニュー,医療

こんにちは。整形外科勤務経験の長かった小栗です。

 

皆さんは整形外科と整骨院(接骨院)、整体、マッサージ店をはっきり区別できますか?

 

整形外科はお医者さんで、レントゲンや注射、投薬、手術とほぼなんでも出来ます。

 

 

ケガをしたときに第一選択に考えるところでしょう。

 

次に整骨院と接骨院ですが、これは名前が違うだけで全く同じものです。国家資格の柔道整復師が運営してます。

 

 

骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷(肉離れ)の疾患で保険診療が可能です。

 

加えて自由診療にはなりますが整体と同じような施術も可能です。

 

次に整体、マッサージ店ですが、これは資格なしでも運営できます。なので保険もききません。

 

その分自由に施術が出来ますがしっかりとした知識を持って施術しているかが分からないところが不安な部分でもありますね。

 

今は格安で長時間マッサージをしてくれるところも多くありますのでしっかりした人であれば整体、マッサージ店も良いと思います。

 

 

皆さんも何かあったらすぐに整形外科と決めつけるのではなく、自分の症状にはどこがあってるんだろうと確認してから通院することをお勧めします。

 

ケアトレ鍼灸整骨院では骨折や捻挫などのケガから、肩こり腰痛のマッサージ、さらに最新機器を利用した美容まで様々なメニューを取り揃えておりますので迷った場合は是非一度ご相談ください。

 

我々は地域のかかりつけ院となれるよう日々努力してまいります。患者様第一をもっとうに対診が必要な場合は紹介もいたします。