Blog記事一覧 > メニュー,日記 > なぜ今シーズン大谷翔平選手はホームランを量産できるのか?

なぜ今シーズン大谷翔平選手はホームランを量産できるのか?

2021.07.02 | Category: メニュー,日記

こんにちは。野球好き素人の院長の小栗です。

 

皆さんご存知の通りMLBの大谷翔平選手は今シーズンホームラン王も夢じゃない程の活躍を見せてくれて一ファンとしてとても興奮しています。

 

 

今シーズンの活躍を長打に注目して専門分野の身体面から考察したいと思います。

 

結論からいうとホームランを打てる身体作り(土台)が出来たのではないかと考えられます。

 

今シーズンは前シーズンに比べ7㎏のウエイトアップをしています。前シーズン膝のケガからの回復のために下半身中心にトレーニングを積んだようです。

もちろん技術的にも打席でのタイミングの取り方やスイング角度を改善しています。

しかし、簡単にタイミングやフォームを変えると言いますが、それには土台となる筋力や柔軟性などが大きく関わってきます。

誰にでも同じフォームが良いということはありません。その人の身長、筋力、柔軟性に合った技術を見つけることが重要です。

もしくは、理想のフォームを身に着けるための土台を作るトレーニングが必要となります。

 

 

これは野球に限らずすべてのスポーツに同じことが言えます。

 

良い技術、理想のフォームなどを身に着けるためにはどんなトレーニングが必要なのか。今後はその観点から逆算しトレーニングをする必要がありそうです。

 

我々は選手、コーチと相談し、そのトレーニングを一緒に考えていきますので、トレーニング方法に悩んでいる方もお気軽にご相談ください。