Blog記事一覧 > メニュー,医療 > 開院3年間で感じた『ショックマスター』の効果

開院3年間で感じた『ショックマスター』の効果

2021.06.15 | Category: メニュー,医療

こんにちは。院長の小栗です。

ケアトレ鍼灸整骨院は患者様はじめ、関係者の皆様のおかげで4月1日で開院3周年を迎えることが出来ました。

そこで、今回は当院の目玉治療器である『ショックマスター』について当院での効果を主観を交え報告したいと思います。

 

 

当院ではショックマスターを腱鞘炎等の慢性、難治性の疾患に限定し使用しています。

主な疾患としては「足底腱膜炎」「テニス肘」「野球肘」「肩関節周囲炎」「TFCC(手関節炎)」「オスグッド病」などです。

 

治療方法としては、1クール1回/週、4回~5回施術としています。

治療効果が高い疾患は、足底腱膜炎、TFCCです。

逆に効果が出にくい疾患は肩関節周囲炎です。

その他の疾患は人によって効果に差がみられました。

効果が出る期間は1クール経過直後に良くなる人もいますが、多くの方は治療終了後、1~2ヶ月後に良くなる方が多いです。

これは施術によりあえて損傷を与え、その部分が修復されることによって治癒されるのですが、そのスピードの違いによるものと思われます。

 

 

 

特に今まで様々な治療を試して効果がなかった方は試してみる価値があると思います。

上記疾患以外も効果が出ている方もおられますのでお気軽にご相談ください。