Blog記事一覧 > 医療 > ストレッチの効果と重要性

ストレッチの効果と重要性

2020.10.27 | Category: 医療

こんにちは。ここ数年、再度ストレッチを見直している院長の小栗です。

今回は改めてストレッチの効果と重要性について解説したいと思います。

ストレッチの種類

・静的ストレッチ

反動や勢いをつけずにゆっくりと筋肉を伸ばし、最終的なポーズを一定時間キープする、もっとも一般的で安全なストレッチです。

主に運動後や風呂上がりなど、筋肉を伸ばしたい時に最適です。

・動的ストレッチ

運動前の準備体操のように動きながら行うストレッチです。

目的としてはこれから行う運動の意識付けの役割があります。

 

効果

1、身体の柔軟性の維持と向上

2、けがの予防

3、筋疲労の回復

4、自律神経の調節

5、筋痙攣(つる)の予防

6、ダイエット

筋肉のダルさや痛みは、筋肉が緊張して硬くなり、老廃物がたまっているサインです。

筋肉を伸ばしてほぐすことにより、血行を改善して老廃物の排出を促すことができます。

 

 

行うときのポイント

・力を抜いて、リラックス。痛くなるまでがんばらず、気持ちよく感じるところまで伸ばします(15秒∼30秒)。ゆっくり呼吸をしながら行う。

・週2回1時間やるより、10分∼15分でもよいのでなるべく毎日行いましょう。

・行うタイミングは体温の上昇している運動後か入浴後がベストタイム。特に運動後は筋肉が固くなっているため、なるべく早く伸ばしましょう。

・食後30分以内は消化活動の為、胃に集まっている血液をストレッチによって全身に分散させてしまい消化に悪影響を与えてしまう恐れがあるので控えるようにしましょう。

 

ストレッチは道具を必要とせず、着替えることもなく自宅で行える最も簡単な運動です。

今はインターネット上に無料のストレッチ動画が数多く上がっています。

かっこいい先生、美人な先生だからという理由で選ぶでも構いません。

一歩踏み出して健康で充実した生活を送りましょう。