Blog記事一覧 > メニュー,医療 > 小児の骨折について

小児の骨折について

2020.02.28 | Category: メニュー,医療

こんにちは。院長の小栗です。最近は新型コロナウイルスの影響で各方面大変なことになっていますね。当院は今のところ通常営業予定です。消毒等衛生管理を万全にして皆様のご来院をお待ちしております。

 

さて、最近小中学生の骨折の患者様が相次いで来院されました。骨折部位2人とも手首でした。骨折といっても完全にバキッと折れているわけではなく、少し骨が曲ってしまった状態です。この骨折は若木骨折といい骨の柔らかい子供特有のものです。

 

 

上図は当院で撮ったエコーの画像です。左が患部で右は同部位の反対側(健側)を写したものです。

一番下の白い線が明らかに曲っているのが分かります。

バキッと折れた場合は線(骨)の連続性が断たれます。

 

このように当院でも画像での骨折を判断することも可能です。

 

治療としては約2週間の固定が必要になります。

当院ではなるべく日常生活に影響のない機能的な固定を目指しています。

 

 

骨折か捻挫か打撲なのか迷った場合は当院でも確認できます。状態によっては病院も紹介できます。

お気軽にご相談ください。