Blog記事一覧 > 医療 > 第五中手手根関節脱臼骨折-横浜ベイスターズ パットン投手-

第五中手手根関節脱臼骨折-横浜ベイスターズ パットン投手-

2019.08.07 | Category: 医療

こんにち第5中手手根関節脱臼骨折は。野球好きの院長の小栗です。

 

今日は静岡高校甲子園初戦残念でしたね。

 

本日は8/4横浜ベイスターズのパットン投手が降板後に冷蔵庫を殴って負傷したケガを解説したいと思います。

 

ピッチャーが自分の利き手で殴ったらいけませんよね。プロ意識の欠如ですね。

 

 

病名は「第五中手手根関節脱臼骨折」との発表でした。要するに第五中手骨の骨折を伴う第五中手手根関節の脱臼です。

 

全然わかりませんよね(笑)

 

 

③の部分の脱臼と上記レントゲンの部分のような骨折です。

 

骨折や脱臼の状態にもよりますが、手術をするケースも多いケガです。

 

私は学生で整形外科勤務時代、この骨折について論文発表をしたこともあり、対処については詳しいです。

 

また、打撲と間違いやすいケガでもあります。転んだり、殴ったりで手の甲が痛い場合は自己判断はせずすぐに当院にご相談ください。