Blog記事一覧 > 医療,日記 > 右手小指橈側側副靱帯断裂について

右手小指橈側側副靱帯断裂について

2019.07.20 | Category: 医療,日記

こんにちは。最近ソフトボールを30年ぶりくらいに再会した院長の小栗です。

 

本日は、先日中日の高橋周平選手も負傷した小指橈側側副靱帯断裂について解説します。

 

 

この時右手の小指を負傷したんですね。

 

発表されている病名からだけだと小指のどの関節かわかりませんが、多分第二関節(PIP関節)だと思います。

 

 

こんな感じです。

 

今回は手術をしないという判断をしたそうなので

 

 

こんな感じで固定すると思います。

 

3週間で復帰を目指しているそうですが、髙橋選手は右投げ左打ちなので、特にバッティングでは右手の小指が非常に重要になってきますので本当に3週間で復帰できるのか?

 

現在調子のいい中日ドラゴンズですので早期回復を期待しますが、無理をせず頑張ってもらいたいです。

 

ケアトレ鍼灸整骨院では私院長が手指の骨折の論文発表をした経緯もあり、指の治療は得意分野です。

 

ケガをした時はもちろん、他院の治療に不安を感じている方もお気軽にご相談ください。