Blog記事一覧 > 日記 > 今年はインフルエンザの新薬が主流に⁉

今年はインフルエンザの新薬が主流に⁉

2018.10.31 | Category: 日記

こんにちは。ここ10年はインフルエンザにかかっていない院長の小栗です。

 

リレンザ、タミフルから始まり、最近はイナビルも主流になってきている中、今年の春に新薬の『ゾフルーザ』が発売されました。

今までの薬はウイルスを外に出さないようにする作用でしたが今回の新薬は直接ウイルスの増殖を抑える効果があることが画期的です。

しかもタミフルのように何回も服用する必要がなく一回服用で完結することも嬉しいところです。

 

また、飲み忘れで他人にウイルスを感染させるリスクを抑えることも期待できます。

 

インフルエンザのA、Bともに効果があ、即効性も他と変わらないか、早いようです。

 

今年から、インフルエンザの治療も楽になりそうですね。