Blog記事一覧 > 医療,日記 > 熱中症対策について

熱中症対策について

2018.06.15 | Category: 医療,日記

こんにちは。

ケアトレ鍼灸整骨院の伊藤です(*^-^*)

 

夏本番を前にじっとりした湿気とともに気温もぐんぐん上昇する6月。

この時期に注意したいのが熱中症です。

体が暑さに慣れてないこの時期の梅雨の晴れ間は特に注意が必要です。

 

熱中症は、気温や湿度の高い環境(暑熱環境)下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、

体温調節機能がうまく働かなくなってしまったために現れるさまざまな症状の総称です。

具体的には

・めまい、立ちくらみ、身体のほてり

・筋肉痛、筋けいれん

・だるさ、吐き気

 

少しでもおかしいと思ったら早めの対策が大切です。

熱中症が疑われる場合は

・日差しを避けて涼しい場所に運び、衣類を緩めて安静にさする

・エアコンをつけたり、うちわや扇風機などで体に風を送り、冷やす

・太い血管の通っている首やわきの下、太ももの付け根を冷やす

・水分(できれば経口補水液やスポーツドリンク)を少しずつ何度も飲む

などの対応を取りましょう。

 

 

消防庁の発表によると6月4日~10日の一週間で、熱中症による救急搬送人員は987人に

のぼるようです。

気を付けて過ごしましょうね